ごあいさつ


 

活殺自在

 

 

活かすも殺すも思いのまま。

 

忘れかけている日本の心、武士道精神。

 

平和な世の中で、古武術なんて必要ありませんか?

 

野蛮ですか?

 

確かに武術は戦闘・争いの中で生まれたもの。

 

人殺しの為の技術です。

 

その一方、戦場で傷つき、動けなくなった兵士を蘇生・回復させ、

 

戦う、または逃げることができる、動けるようにする技術も発達してきました。
 

剣道・柔道のような武道・格闘技・競技スポーツには受け継がれなかった技術が

 

現代でも細々と息づいています。
 

もりの古武術活法研究会は、失われつつある日本の伝統を研究し、

 

現代にも通用する、必要とされる形で伝承していくことを目的に発足致しました。

 

 

                                  平成二十八年六月八日

                                  もりの古武術活法研究会 代表 鈴 木 秀 徳