代表者について


 

 

 

 

 

 

 私は、小さい頃から身体が弱く病気がちで、幼稚園は殆ど休んでいたほどした。

 小学校に入学するといじめられることが多くなり、
学校に行くことができない日が続きました。

 

小学2年生の頃、強い者に憧れ柔道を習い始めましたが、
元来、気も身体も弱かったのでなかなか強くなれませんでした。
正に自分の気力・体力との戦いでした。

 
強くなりたい・・・。
そんな一心で柔道の名門高校の柔道部へ入部。

 

日本・世界でもトップクラスの選手がいる中、必死に練習しました。
激しい練習の末、とうとう腰や膝、肩等に怪我を負い、
大きな試合には出場できないまま、大好きな柔道を続けることができなくなり、
約十年続いた柔道生活にピリオドを打ちました。

 

高校卒業後、今まで強くなりたいことしか考えておらず、
柔道以外のことは何もできない事に気がつきました。

 

自分には何も無い・・・ 再び自信が無くなり、
外出ができない日々が続き、引きこもり状態になり・・・

 

『これから何をすればいいのだろうか? 何ができるのだろうか?』
約一年間悩み続けた末、

 

『あんなに病弱で弱虫だった私が、柔道をはじめたお陰でこんなに健康に、
 そして人並み以上の体格と体力を得る事ができた。
 この経験を活かして何か仕事がしたい!』

 

そう考えスポーツクラブへ就職。
夢中になって人体生理学・解剖学・栄養学等、健康についての勉強をしました。
 
そして、16歳から70歳過ぎの会員の皆様の
健康・体力作りのお手伝いをさせて頂き、
健康の大切さを改めて実感し、
スポーツクラブに通える方だけでなく、来られない方達にも

 『健康の大切さ、素晴らしさに気づいてほしい、健康になってほしい』

 と熱望する様になり退職。
 
その後、いくつかの健康関連の会社に勤務。
自然食品店舗、営業、経理、人事、総務などの仕事に就きました。

 

そんな中、同僚や家族が「心」の病気にかかり、解決に向け相談にのる中で
「身体だけでなく『心』の安定無くして本当の健康・幸せはない!」
   と考え、心理学を勉強し、メンタルケアカウンセラーの資格を取得。

 

多くのお悩みを抱えている方とかかわるうちに、

 心の奥底に、日本人としての考え方や価値観と欧米の考え方や価値観との

 ギャップが起因しているケースがあることに気がつき、

 

日本人としてのアイデンティティーである

 日本文化や武士道精神に興味を持つ。

 

また、整体・ボディケアセラピストの仕事の手技を高めるため、

 整体の勉強を深めるうちに、古武術と活法に出会い、

 日本の伝統の素晴らしさ、奥深さを知りました。

 

 古武術と活法。

 

 失われつつある日本の伝統を守り

 多くの人にお役に立てることができれば幸甚です。

 

 

 

                                                                                                                                                        もりの古武術活法研究会 代表  鈴 木 秀 徳